福祉総合サービス スマイルグループ

放課後等デイサービス
WINGとは

子どもたちが明るく未来に向かって羽ばたけるよう、精一杯支援いたします。

WINGでは「運動・学習・生活能力向上」を基本とした療育支援を行っています。
障がいをお持ちのお子様が安心して社会生活を送って頂けるよう、
自立と社会性・協調性を高めることを目的とした様々なカリキュラムを行います。
カリキュラムでの集団活動を通じて、仲間たちとの協力、集団での規律、共に活動することの楽しさを学ぶことで、
社会性・協調性を身に付けて頂き、生活能力向上を目指した療育支援を行います。
お子様の障がいに応じた個別のカリキュラムを行い、可能性を引き出していくことが、
お子様本人の自信と喜びにつながっていくと考えております。
私たちは、お子様の成長に関わることを誇りに思い、日々努力して参ります。

WINGの基本使命

私たちは、お子様の笑顔とやる気を育て、ご家族が安心できる環境をつくり、支援の輪を広げることを使命とします。
お子様の自立と社会性・協調性を高めることに熱意を持って行動します。
ご家族のお悩みとご相談にはいつも耳を傾けます。
プロ意識を持ち、知識と技術の向上を目指します。
必要な場所に必要な支援の輪を創造します。

WING支援内容・運営方針

WINGの支援内容

学ぶ楽しさ、体を動かす楽しさ、人への意思伝達や集団行動ができ生活能力が向上していく楽しさ、全てを楽しく活動する中で身に付けて頂きます。楽しいことはやる気が出ます。「楽しい」を基本にした支援を行うことで、やる気を引き出します。

規律やルールを守ることの大切さを学んで頂きます。甘えの環境の中では、お子様は「試し行動」をして、指摘されないと許される行動だと認識されます。社会生活や集団活動では規律やルールを守ることができなければ孤立する原因となります。本当の優しさとは、お子様の将来を見据え、適切である発言や行動ができるように、「優しい真心」で支援を行うことだと考えています。

理学療法士や作業療法士の専門知識を生かした、楽しく運動するカリキュラムを行います。例えば、体幹トレーニングやリズム運動など、「やってみたい」「できるかな」という、お子様自身のペースで楽しみながら苦手を克服し「できること」を増やしていきます。「できること」が増えることで、自信が生まれ挑戦する気持ちが強くなり、前向きな思考となります。運動を通じて、心身ともに健やかに成⾧されることを目的としています。

学習とは、「知識を身に付けること」と「集中力を高める練習」と考えています。学習することで知識が広がり、学ぶ楽しさを知ることで、日常生活や学校生活がより楽しくなります。また、集中力を高める育成を目的として、事業所には学習室を設けて環境を整えています。パソコンや教材等を使用して、お子様の「得意なこと」を増やしていきます。科学実験等の集団学習では、知識を身に付け、自分の意見を率先して伝えられるようになることで、自信と自己肯定感が高まる支援を行っています。

社会生活の中で、人との適切な関わり方や集団行動ができるように、目的やねらいを設けた様々なカリキュラムを行います。人と関わる時に、相手に対して不快な思いをさせてしまった場合、その場でお子様と共に振り返り、相手の気持ちになって考えます。集団行動では、人との関わり方や、規律やルールを守ることを学び、社会性・協調性を高めるように支援をしています。また、カリキュラム毎にリーダーを決め、自主性や自尊心を高めます。将来、自立した生活を送れることを目的にして、身の回りのことを中心にお子様が自分でできることを増やすための支援を行います。

WINGの運営方針

目的・ねらいをもったカリキュラム

詳しく見る

お子様の自立と社会性・協調性を高めることをメインテーマに掲げ、毎日行うカリキュラムの全てに目的・ねらいを設けています。
WINGでは日程表に基づいて、毎日のカリキュラムを実施しています。その全てのカリキュラムに「支援目的・ねらい」を設け、お子様の可能性を引き出す支援をおこなっています。

充実した環境設備

詳しく見る

WING畑、WING砂場、花壇、大きいプール、広い庭
学習室、ホームシアターの完備、トランポリン、バランスボール
事業所によって設備内容は異なります。

徹底した衛生管理

事業所設備、床、遊具、玩具等は毎日消毒を徹底し、清潔に保たれています。
うがい手洗いの指導の他、空気清浄や温度・湿度管理も徹底しています。

安全面の徹底

窓ガラスは飛散防止フィルムやプレート設置を徹底しています。
室内の出っ張りや柱にはぶつかり防止のクッションを取付けています。
玄関や窓は防犯のために2重及び3重ロックにしています。

個別支援計画書について

WINGでは、お子様お一人おひとりの可能性を、無限大にまで引き出していき、お子様の「できる!」を更に大きくパワーアップさせながら、将来、地域社会の中で自立した生活が送れるように療育支援を行っていく為の指針となるものが「個別支援計画書」であり、とても重要な役割を果たしていると考えます。


個別支援計画書とは・・・
「児童発達支援管理責任者が、事業所を利用する障害児及びその保護者の意向、障害児の適性、障害の特性等を踏まえ、提供するサービスの適切な支援内容等について検討し、作成する。」
(児童福祉法に基づく指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準第3条より)

WINGが選ばれる理由

WINGが選ばれる10のポイント

「支援目的・ねらい」を設けた毎日のカリキュラムを実施
「運動・学習・生活能力向上」を目的とした療育支援
「全ては楽しく」を考えて、やる気を引き出す内容のカリキュラム
「優しい真心」で、お子様の将来を見据えた愛情支援
自立と社会性・協調性を高めることを目的とした集団活動
多数の在籍職員の専門知識と経験にて最善の療育を共有
リーダーを決めて活動することにより、自主性や自尊心を育成
充実した環境設備、安全面・衛生面の徹底管理
急なご利用や延長利用の場合でもいつでもご相談可能
お子様と保護者の立場になって考える柔軟な対応


放課後等デイサービスWINGは、経験と知識、熱意を持った職員により、規律を守ることや集団活動のルール、礼儀やマナーなどを、日々の活動の中で楽しみながら学んで頂き、自立と社会性・協調性を高める最善の療育支援を行います。

WINGのみんなのルール

WINGでは、お子様に「WINGのみんなのルール」を設けて活動して頂いております。全事業所の壁面に掲示をして視覚による周知と始まりの会等での言葉による周知をしております。WINGでは、社会生活や集団活動で必要な規律やルールを守る習慣つくりを大切にしています。


詳しく見る